部屋

自然を感じられる注文住宅|家作りは土地探しから始めよう

地域の気候を知っておく

男性

海に近いということ

神奈川県の茅ヶ崎市は、神奈川県の中でも南西部に位置する市町村の一つです。茅ヶ崎市の特徴は南側に太平洋が広がっていることではないでしょうか。この地域に一戸建て住宅を建てる場合は、太平洋の景色が見えるように高台に建築するのがよいかもしれません。外国のツーバイフォー工法ではなく日本で昔から利用されている従来工法であれば、広い間口をとることができ、窓も大きくすることが可能になります。もちろん鉄筋コンクリートの一戸建て住宅であれば、2メートル四方の大きな窓を利用することもできますが、お金がかかってしまうため、できるだけの予算抑えたい場合は従来工法の木造住宅がよいです。また海が見える地域であれば、南側は海になりますので、大きめのベランダを設けるのもよいでしょう。

潮風に気を付ける

茅ヶ崎は、太平洋に面しているということで、景色も重要になりますが、その半面潮風についての対策もしておかなければなりません。茅ヶ崎市の中でも太平洋から1キロ程度しか離れていない場所に一戸建て住宅を構えるならば、潮風によって壁が劣化してしまうことがあります。またベランダなどの金属を使っている部分は、2,3年でさびてしまう可能性があり、新しい住宅にもかかわらず古く見えてしまいます。そこで、一戸建てを建築する場合は、外壁を普通のサイディングにするのではなく、樹脂系のサイディングにすることで、潮風の影響もあまり受けず劣化が進まないようになります。金属部分に関しては、酸化を防ぐための塗料を使うとよいでしょう。